製作中アルバム進捗状況

午前中からスタジオ作業、メンバー3人。

今回のアルバムはベースをAYNIW TEPO堀に任せているのでスタジオで楽器の演奏は今の所アコースティックギターしか弾いていない。弾き語りとバンドの間くらいの温度感でやっている。

20年近くベースでバンドをやってきてこのタイミングで弾くのをやめるっていうのもなかなか思い切ったなと思うが、そもそも最初から楽器はなんでもよく、バンドのメンバーとして音楽活動に参加出来ればそれでよかった。何か新しいことをやりたいという気持ちがあるのであれば、やるべきだろう。

周りからLOSTAGEに求められていることとか音っていうのがあるのかもしれないし、そのために自分がやるべきことが何なのかを考えることももちろん大事だと思う。ただ、それよりももっと大事なのは自分が何をやりたいのかということだ。やりたくないことを、わざわざやってもやらなくてもいいバンド活動や音楽活動でやる必要はない。

ベースもギターもバンドをやるための道具の一つで、自分に関しては演奏する楽器はなんでもいいと思っている。語弊があるかもしれない。どうでもいいわけではなく、なんの楽器でもやってみたいという気持ちは変わらないというだけだ。

f:id:hostage:20190712215125j:plain

ベースに比べてギターは弦が細いので、指先が痛い。少し変形してきたような気がする。もう少し練習を重ねれば指先もギター仕様に硬化してくるのだろうか。

 

スタジオ作業終了後、店に出勤。買取依頼のあった中古レコードの査定と検盤。JAZZ多め、自分の欲しかったレコードなんかも混ざっていたのでゆっくり聴く。

 

THROAT RECORDSオンラインショップの注文もあったので発送作業など。売り切れていた商品などを追加で作ったので、興味があれば是非。新しく作った今回のキャップはなかなか好みの形で気に入っている。

f:id:hostage:20190711190929j:plain

 http://throatrecords.ocnk.net/

 

店で仕事しながらLOSTAGEスタジオのラフ録音を聴き直したが、なかなかいい感じのアルバムになりそうな気配がしてきた。

音楽を作ったり、グッズを作ったり、中古レコードを買い取ったりと、ごちゃごちゃした1日だった。自分が何者なのか、たまによくわからなくなる。ミュージシャンか、レコード屋か、イラストレーターか。

 

別になんでもいい、やりたいことをやる。

 

 

 

BGM : Sofia Bolt / Waves

 

 

 

着替え

bloodthirsty butchersのアルバム"ギタリストを殺さないで"のツアーの時のポスター。吉村さんが亡くなった後に店に飾りたいとお願いして友人から譲り受けたものだ。もともとは十三fandangoに貼ってあったポスターである。

f:id:hostage:20190705164407j:plain

もう6年もたったのかとふと思った、ということはこの店も今年で7年である。よくこんな店が続いてるなと思うが、なんとかやっている。偏に皆様のおかげであります、ありがとうございます。

ずっとこのポスターを店に飾っているのもどうなのかなともたまに思うが、向き合って立っていると背中を押されているような気持ちにもなるので、ポスターはずっとこのままここに置いておくのだろう。店が潰れるまで。

ちょっと気分転換したいなと前から思っていたので友人に頼んで額を店の雰囲気に合わせて作ってもらった、とてもいい。

f:id:hostage:20190705171404j:plain

素材が変わって少し身軽になったような感じがする。

店の壁なんかもやはり経年で汚れてきたりしているので、少しずつ手を加えて綺麗にしながら営業していこうと思う。7年前の秋から作り始めた店だが、今もまだ出来上がっていないような感じだ。作りかけの棚もまだあるし、こんな感じでやりたいなと思っていたレコード屋の仕事もまだ全然出来ていない。

 

目的が完成させることではないとしたら、未完成のままでい続けるのもいい気がしてくる。ポスターを入れ替えながら。

 

 

f:id:hostage:20190705172231j:plain

こっちは自分用、最高。(R食堂の信二さんにもらった)

 

BGM : bloodthirsty butchers / ギタリストを殺さないで

オーディション

とかそういった類のものに応募して音楽フェスに出たりCDやレコードの契約を結んだり、そんな奴はダサいっていう人の気持ちもわからないでもない。そして、藁にも縋る思いでそれをやってる人の気持ちもわからないでもない。当事者でない以上、わかるよとか言われても鬱陶しいだけだろうか。

良い音楽は隠しても探されていつか見つかる、そう信じたい。

BGM :無し

Killing Time

量より質より、選別する能力やセンスの時代。情報や情報や情報で溢れたスマホやPCの中、流れる川は氾濫し現実と仮想の境目にあるダムは決壊寸前だ。

今日1日で読んだ記事など、ほとんどSNSのリンクから飛んだものばかりだった。

 

 

CINRA / Tom Ze  初来日公演

https://www.cinra.net/news/20190627-tomze

 

全感覚祭、GEZANマヒトのステートメント

https://zenkankakufes.com/statement/food/

 

HEAPS / Iddris Sandu インタビュー

http://heapsmag.com/yutori-and-millennials-chat-Aonisai-series-014-iddris-sandu

 

島根のお菓子コーヒー糖について

https://tabi-navis.com/oyatsu/candy/coffee-tou.html

 

WIRED / FORTNITEのMarshmelloライブ

https://wired.jp/2019/02/20/fortnite-vr-ar-multiverse/

 

amass / Jeff Millsアポロ11号月面着陸50周年を記念した新曲発表

http://amass.jp/122448/

 

DANRO / NEUTRAL COLORS 加藤直徳インタビュー

https://www.danro.bar/article/12483285

 

indienative / Blonde Redheadのカズ・マキノがソロを発表

https://www.indienative.com/2019/04/adult-baby

 

後は学校教師が教え子を誘拐した事件のニュース記事を読み比べたり、NetflixでNicolas Winding Refn監督のToo Old to Die Youngを観たり。SNS依存気味の毎日。要るのか要らないのかわからない情報収集で、暇潰しに忙殺されてる気がしないでもない。自分で選んでいる気でいるが、自分が選ばれてるだけかも。

 

ところで店が暇なのはG20の影響か、どうなんだ。違うか。

 

BGM : Tom Ze / Grande Liquidacao

 

 

Liam Hayesのカセット、その後

先日日記に書いたLiam Hayesのカセット、注文していたものがアメリカから届いた。思ったより早い。ポストから取り出して包みを開けると中にはカセットと紙切れが1枚。タイプライターで打った文字でこう書いてあり、直筆のサインと落書きのようなイラストが添えられていた。

 

 Takahisa,

 Thank you for ordering "Mirage Garage"!

 Best Wishes,

 Liam Hayes

 

 本人のサインか、これは。めちゃくちゃ嬉しい。思わず紙を広げた時に「おいマジかよ、、」声が出た。

 


f:id:hostage:20190626142601j:image

 

もしかしたら、もしかしたらだが、自分が送ったLOSTAGEのCDやレコードも、どこかで包みを開封されて、人をこんな気持ちにさせているのかもしれない。そう思うとなんかこう、胸の奥がジンワリあたたかくなった次第である。

 

額に入れて飾ろ。

 

BGM : Faye Webster / Atlanta Millionaires Club

Pleased to Meet Me

仕事帰りにTHROAT RECORDSと同じやすらぎの道沿いにあるPleased to Meet Meに寄ってハートランド一杯やって帰宅。店主島田君と談笑系愚痴など、同い年なんで話がわかりやすくていい。取り置きを頼んでいたMDCのデイヴ・ディクター自伝本とAbbey Lincolnのレコード購入、今帰ってハイボールやりながら聴いてる。良い。

 

頑張って、音楽もやらないかんし、金も稼がないかん。そしてまだまだ音楽たくさん聴きたいし、いろんなことを知りたいし。

 

毎日やる事があり過ぎているようで、2つか3つくらいの同じ事しかやっていない。

 

もう一杯飲んで寝る。

 


f:id:hostage:20190623234407j:image